停滞期こそ痩せるタイミング

こんな経験はありませんか?

 

『今までスムーズに痩せていたのになぜか痩せなくなった…』

 

『停滞期はいつまで続くの??』

 

『どうしても短期間で痩せたいのに停滞期が来てしまった…』

 

スムーズに痩せている時ほど停滞期を感じ易いものです。

 

停滞期は急激に痩せて、体がそのスピードについてこれなくなり、これ以上急いで痩せると危険だと判断したとき起きます。

 

エネルギーになるものが足りない時、飢餓状態といって体の方は効率悪くストップをかけます

 

つまり、エネルギーの無駄使いをさせないように省エネモードになっているのです。

 

少しの食べ物からでも、より多くの脂肪をエネルギーとして蓄えようとし、消費カロリーは出来るだけ抑えているので、痩せないようにストップをかけて、これ以上、スムーズに体重がおちないようにしています。

 

体には様々な生命を守る防衛反応が停滞期もその一つです。

 

急激に体重が痩せていきこれ以上は生命の危機になると判断して、体重減少にストップをかけようとします。

 

これをホメオタシス機能と言います。

 

ニュースで遭難した人が、何も食べていないのに生きていた。

 

と言うような話を聞いたことはありませんか。

 

この防衛反応により、体がたまっている脂肪を生きるエネルギーとして出し続けていたので生き延びたのです。

 

これは、生き物に与えられた凄い機能ですが、せっかく、ダイエットしているあなたにとっては、嬉しくないのです。

 

つまり、ダイエットの効果が出始めたからこそ停滞期を生み出してしまっていると言うわけです。

 

ダイエットに知識であれば停滞期のことは知っていると思うますが、今までスムーズに痩せていたのに痩せなくなると苦しみや焦りや苛立ちが出てしまいます。

 

そんな停滞期ストレスからドカ食いやダイエットを諦めてしまう人が圧倒的に多いということは容易に理解できるろおもいます。

 

しかし、これってダイエットには非常にもったいない話なんですね。

 

 

TOP戻る⇒簡単に3キロ食べながら急いで痩せたい短期間ダイエット方法停滞期 痩せる

停滞期こそ痩せるタイミング記事一覧

 

ここで、注意すべきは絶対に停滞期だからと言っても無理に食事を取ったり特別に運動量を増やしてはいけません。停滞期中に無理をして、食べ始めていつしかドカ食いをしてリバウンドにつながる人は多いので、いつもと変わらずのパターンで停滞期空けを待つことがおすすめです。どうしても停滞期でも体重を減らしたい場合は?停滞期は早く抜ける為に、生活パターンを大きく変えないで無理をしない事が基本です。が…それでも『結婚式...

 
 

停滞期中だからこそできるダイエット停滞期中は便秘酵母で糖質カット便秘改善停滞期は体が飢餓状態になっているので、体は貯めるように働いていますので食事制限をしてもあまり効果はありません。そんな時こそできること、体内のデトックス(排毒)や便秘改善を集中的に行う時期と計画に入れます。余分なものを出して体の中をきれいに整えましょう。便秘気味と意識しなくても、結構なものが体内には便が溜まっている場合があります...

 
 

停滞期こそ糖質ダイエットできるのです。食事制限以外で糖質カットしておきましょう。食事量を減らさずに体内に取り込まれる糖質をカットする方法があります。それは酵母の働きなんです。酵母は人間と同じ糖質をエネルギーとする微生物で、ヨーグルトや日本では甘酒に味噌、納豆、しょうゆ、糠漬けにお酒などたくさんの食品に多く含まれています。和食がダイエットに良いと言うのは世界のセレブも注目しています。日本食には酵母菌...