ケトン体エネルギーダイエット

炭水化物を制限すると血液中ブドウ糖や肝臓内に溜めこまれているグリコーゲンは早い人ではいちにち長くても1日ではなくなります。

 

肝臓内の脂肪酸が分解されエネルギー源ブドウ糖がないと脂肪酸から作り出すケトン体がどのように作られエネルギーとなっていくのか説明します。

 

 

何より糖質制限ダイエットを2週間で続けた後は、少しずつ炭水化物や増やし最終的にはそう摂取量エネルギーの20パーセント程度の炭水化物を進めていいのです。

 

 

肥満の元になっているのが中性脂肪の体脂肪です一般的には体脂肪落としにくく効率よく痩せるためには運動が欠かせないと考えられています。

 

 

痩せる方法が糖質オフダイエットブドウ糖だけだと考えられてきましたが水溶性であるケトン体も脳に送られてエネルギー源として使えることが明らかになりました。

 

遊離脂肪酸の中には肝臓内でアセチルコリンの分解された生成されるのです。

 

その時に出るけど本体からエネルギーを作り出すことをいいます。ケトンオンにすると運動の力を借りずに体脂肪が減るのです。

 

 

炭水化物の摂取量制限のため脂肪酸をエネルギーとしてケトン体を作り出し、ケトン本体をオンにして痩せる方法が糖質オフダイエットです。

 

今すぐのエネルギーにはなりませんケトン体は身体を動かすエネルギーとなるほか、血中濃度が高くなると脳のエネルギー源として利用してれます。

 

 

肝臓でつくられ、血流に乗って全身の細胞の送られエネルギーとするアセチルコリンとなってに入ってエネルギー源として使われます。メリットは運動しなくても脂肪も減らすことができる事です。

 

 

ブドウ糖がなくなると脂肪細胞内に溜めこまれている脂肪が分解され血液中に送り出され、脂肪酸は運ばれて細胞内のミトコンドリアに送られクエン酸回路でエネルギーを作り出します。

 

 

ケトン体をエネルギーとして100パーセント使えるわけではなくやはりブドウ糖多少なければならないという意見もあるのでその判断が分かれるところですね。

 

 

でも、私としてはホッとするドクターの意見ですけど、やはり炭水化物は少し戻ったほうがいいのかもわかりません。撮り過ぎの弊害に注意してください。

 

 

仕事から炭水化物を取りすぎないように、ケトン体は一般的なエネルギー源であるブドウ糖を使い果たした時に肝臓内の脂肪酸が分解されてエネルギー源として使われます。

 

TOP戻る⇒簡単に3キロ食べながら急いで痩せたい短期間ダイエット方法ケトン体,糖質オフダイエット,ケトン エネルギー,炭水化物オフダイエット

ケトン体エネルギーダイエット記事一覧

 

炭水化物のご飯など朝食を多くとる日本人はケトン体活用できていない人が多いようです。脂肪酸をエネルギーとして使った骨格や筋肉です。ブドウ糖がなくなって5時間経ってからケトン体回路のスイッチが入り、ケトン体がエネルギーを作り、炭水化物を制限しエネルギー源となるブドウ糖が渇いた時に体内に脂肪酸をケトン体に分解してエネルギーとして利用する方法です。エネルギーとして使うことができませんのが脂肪酸をエネルギー...