豆乳ダイエット大豆イソフラボンで美しく痩せる

豆腐は、低カロリーで、ダイエット食材として人気があります。

 

そんな豆腐の原料は大豆で、同じ大豆から絞った栄養素が詰まった汁が「豆乳」です。

 

豆乳は、見た目が牛乳に似た飲み物で味は青臭いとかなど植物の少しクセがありので、豆乳が苦手な方もいると思います。

 

豆乳ダイエットは、健康や美容に手軽に始められるダイエットです。

 

 豆乳の元となっている大豆は畑の肉とも言われ、体にいい栄養素だけが含まれて、低カロリーで基礎代謝を活発にし、ダイエット効果もあるという大豆たんぱくが多く含まれています。

 

でも、豆乳はダイエットや美容、健康に良い飲み物で、豆乳を飲むだけの「豆乳ダイエット」というダイエット法です。

 

豆乳は栄養のバランスも良く、デメリットのないダイエット法で、過剰摂取すると体質によっては下痢気味になります。

 

なので、ダイエット効果があると言って豆乳をたくさん飲めば良いというわけではありません。

 

 豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きがあるために、1日にたくさん飲んでしまうとホルモンバランスを崩してう。

 

人によっては月経不順や、子宮内膜増殖症などにも注意が必要になります。

 

 ちなみに、一般的な推奨は1日当り200mlを3本までが良いと言われています。

 

大豆イソフラボンを含むサプリメントなどを飲んでいる場合は、豆乳は控えめに飲んでください。

 

豆乳を飲むだけの豆乳ダイエットの効果があるので手軽に簡単にダイエットしたい人にはおすすめです。

 

 

TOP戻る⇒簡単に3キロ食べながら急いで痩せたい短期間ダイエット方法豆乳ダイエット

豆乳ダイエットの方法

豆乳ダイエットの方法

 

豆乳ダイエット食前に飲みましょう

 

 食前30分前に豆乳を飲み、食事の前に摂取することで、大豆サボニンが満腹中枢の働きを活発し、満腹感を得やすく、食べ過ぎない効果があります。

 

また、食事やおやつの食べ物の糖質や脂質が体内に吸収されるスピードをゆっくりして、血糖値が上がりにくいというダイエットの効果があります。

 

ダイエット効果の高い豆乳バナナ

 

 豆乳バナナダイエットもオススメで人気のある豆乳ダイエット方法です。

 

毎朝食として、豆乳とバナナをミキサーで混ぜて飲むだけです。

 

また、豆乳を温めてバナナは一口ずつゆっくりよく噛んで食べます。

 

時間がない朝や

 

朝食を食べていない人も始められるダイエットです。

 

また、朝食として、栄養も高く、しっかり空腹感のないお腹にたまり苦痛のないのが豆乳バナナのおすすめの点です。

 

おやつに豆乳

 

 普段からおやつや間食が好きば人は、豆乳をおやつ代わりにしているのもダイエットの効果が高く人気です。

 

ケーキや和菓子など菓子類のデザートより、低カロリーでダイエット効果も高いのでお試しください。

 

また、豆乳を飲むときですが、必ず温めて飲みましょう。

 

体も温まるので寒い冬時期にもピッタリです。

 

 カップ一杯の豆乳を電子レンジで1=2分ほど温めて豆乳は温めると甘さが増すので、ダイエットで甘いものが欲しいときでも飲むことができます。

 

飽きずに豆乳を飲む変わった飲み方

 

 豆乳は青臭い生の豆の臭いがありクサいからいやだという独特の香りや味が苦手な人もいると思います。

 

そんな方は、温めた豆乳にインスタントコーヒーや生クリームを加えてソイラテにしてはいかがでしょうか。

 

ちょっとひと手間加えて生クリームをホイップしてあげるだけで美味しい味になるにで、豆乳が苦手な人もよいと思います。

 

 ココア、紅茶や抹茶、きな粉を豆乳に加えて、飽きずに豆乳ダイエットを続けることができます。

 

 

TOP戻る⇒簡単に3キロ食べながら急いで痩せたい短期間ダイエット方法豆乳ダイエット