便秘を解消するために知っておきたい善玉菌と悪玉菌の関係

善玉菌と悪玉菌ってなによ

 

私たちの腸内には、現在確認されているだけでも数百種類もの微生物が住んでおり100兆個以上で驚きますね。
この腸内細菌は、食べ物を栄養源として腸内で住み着いて生活をしています。

 

これらの菌は大きく分けて、俗にいう善玉菌・悪玉菌です。

 

善玉菌とは、体に良い健康維持する善なる良い細菌のことです。

 

この善玉菌は、糖分や食物繊維を好物として自ら発酵させてエネルギーにして生息しています。

 

種類としては、乳酸を作り出す菌(ビフィズス菌やユーバクテリウムなど)や酢酸・酪酸菌(ルミノコッカスやコプロコッカス)などがあります。

 

 

悪玉菌は

一方の悪玉菌は、大腸菌やウォルシュ菌、ブドウ球菌など病気の原因になる菌です。

 

悪玉菌は主に腸内のタンパク質をエサにして腐敗をおこし、アンモニアやインドール、スカトール、最悪は発がん物質のフェノール、硫化水素、アミンなどの様々な有害物質を作ります。

 

善玉菌と悪玉菌は、そのもの毎の種類ごとに集まって、腸内のあちこちに隙間無くそれぞれの縄張りを作って生活しています。

 

この様子を腸内フローラ(お花畑)といいます。

 

善玉菌と悪玉菌は、機会があれば自分達の縄張りを増やそうと絶えず戦っています。

 

腸内細菌が住む場所には限りがあり空いている場所はありませんから、善玉菌が増えると悪玉菌が減り、悪玉菌が増えると善玉菌は減るという綱引き状態の関係にあるのです。

 

善玉菌を優位にする

もし悪玉菌が優勢になると体内に有害物質を溜めこむことになって病気になってしまうということです。

 

悪玉菌の作り出す有害物質は、便秘などで長い間排泄されずにいるとどんどん多く増えていき、そして大切な腸内の細胞を傷つけていきます。

 

その結果、ガンになったりない臓器を痛めつけ、肝臓さえ弱らせるといったことになります。

 

さらに、悪玉菌は腸内をアルカリ性にして免疫機能を低下させ、最悪取り返しのつかないような病気が潜んでいます。

 

なので、善玉菌が優勢な状態に腸内フローラを整えることが大切なんです。

 

腸内にはこの他にも日和見菌という菌がいて、こいつは蝙蝠のような菌で、どっちつかずの菌だと言われています。

 

善玉菌が優勢の時は善玉菌につき、悪玉菌が優勢の時は悪玉菌の味方になる菌です。

 

この日和見菌を善玉菌の味方につけるためにも、常に善玉菌がたくさん腸内に住まわせて数が多くなるように優勢であることが求められます。

 

【快通酵素】

 

 

TOP戻る⇒簡単に3キロ食べながら急いで痩せたい短期間ダイエット方法便秘 解消,消善玉菌 悪玉菌

関連ページ

便秘ダイエットの敵【慢性便秘】
便秘しているので下腹がぽっこりして体重が減らない便秘症だと痩せにくいダイエットを成功させるためには便秘をなんとかクリアしなければなりません。
便秘の予防に役立つ乳酸菌とは
乳酸菌には種類があり乳酸菌は、腸まで行かず胃液で死んでしまいます。 便秘の解消や予防、さらにダイエットにも腸まで届く乳酸菌が必要です。 体にやさしい便秘解消法は、善玉菌を増やして腸内環境を整えましょう。
便秘解消に効果的なおやつは?
便秘は、腸の蠕動運動を正しく回復させるということで、便秘によって腸はうまく機能しなくなりすっかり腸は動きが悪くなっています。そんな腸の働きに効くおやつから効果のある食べ物をランキングにしました。